自分でできる動悸の対処法、ドキドキを抑えるツボ

家庭でできるつぼ療法 家庭の東洋医学   宮下宗三

今回は検査で異常の出ないタイプの動悸の東洋医学的な原因と対処法についてご紹介します。動悸の原因は様々ありますが、命に関わるものもございますので、先ずは病院で検査を行うようにしましょう。

東洋医学的には動悸は2つの種類に分けられ、原因がそれぞれ違う

『仁斎直指』では動悸を驚と悸の2種類に分けてとらえている。

『仁斎直指』では動悸を驚と悸の2種類に分けてとらえている。

東洋医学では動悸のことを怔忡や驚悸などと呼んでおり、『仁斎直指』という宋代の医学書では、動悸を「驚」と「悸」に2分類しています。驚とは、ストレスで誘発される動悸のことで、悸はそれ以外の動悸を広く指すことが多いようです。

今回は自分でできる動悸の対処法についてご紹介しますが、その前に、まず動悸は東洋医学的にどのような原因で発生すると考えられているのかをご説明いたします。

心虚タイプはストレス性の動悸になりやすい

東洋医学的な動悸の主な原因として、心血の虚があります。「虚」は、不足という意味になりますが、機能不全ともとることができます。症状的には鼓動を大きく体で感じるタイプの動悸が出やすいようで、『丹渓心法』という明代の医学書には「真に心跳を覚ゆる者は血少なり」と記載されています。また、ストレスで誘発されるタイプの動悸も心の虚が関係しています。

過労や更年期などによる腎の機能低下

東洋医学的には腎には心を制御する働きがあると考えられている。

東洋医学的には腎には心を制御する働きがあると考えられている。

また、動悸の原因として腎の機能低下があります。ここでいう腎は東洋医学的な腎のことで、東洋医学的に腎は心臓の働きを制御していると考えられています。この腎の働きが低下することで、心臓が暴走し、動悸が発生するというわけです。腎の働きが悪くなる原因としては、過労があげられます。また、腎の働きは年齢とともに低下していくので、更年期に発生する動悸も腎が関係していることが多いです。

腹部の滞りが動悸に関係することも

その他には、「心腹中脘の滞り」も原因とされています。中脘とは、お臍とみぞおちの中間点あたりにあるツボのことですが、これについては鍼灸師に診てもらわないと分からないかもしれません。実際に私が動悸の治療をする際には、中脘からみぞおちにかけての状態を観察して、硬結や張りなどがある場合に治療点として使用しています。

※ここではわかりやすく「滞り」としましたが、東洋医学的には「痰飲」などとも呼ばれており、諸説ありますが停滞した水分や栄養分であると考えられています。

自分でできる動悸治療のツボ

動悸の治療は、腎や心の働きを改善する手足の経絡に対する治療と、腹部や背部の治療がポイントとなります。背部は自分でお灸などをするのは難しいですが、手足や腹部でしたら可能なので、セルフケアのツボ療法をご紹介します。

腹部のツボ

腹部にある動悸を抑えるツボ

腹部にある動悸を抑えるツボ

関元

動悸の原因のひとつとして過労が挙げられますが、全身的に疲労感が強い時にはおへその下にある関元というツボへのお灸が効果的です。場所はおへそから指の幅3本分くらい下です。

中脘

動悸に上腹部の張りを伴っている場合は、中脘というツボも併用します。

手足のツボ

手足にある動悸を抑えるツボ

手足にある動悸を抑えるツボ

内関

動悸以外にも不安感の強い方などにもよく使われるツボです。お灸もよいですが、動悸が起きている時に、このツボを左右交互に圧迫しながら3~5分程度深呼吸を続けるだけで楽になることもございます。

然谷

然谷はストレス性のものにはそれほど効果が出ないかもしれませんが、腎のタイプの動悸に特に効果的なので、更年期の動悸や、過労による動悸におすすめです。

無理をしない

動悸でお困りの方は基本的に肉体的にも精神的にも少し無理をしていることが多いように思います。ただ、自分の意思で好きなように休めるという立場の方は非常に少ないので、無理をしないことを意識しつつ、今回ご紹介したツボ療法等でしのいでみてください。

また、器質的な循環器等の異常がない、原因不明の動悸は鍼灸などの東洋医学の得意分野になりますので、なかなか良くならない場合は、プロの鍼灸師に治療を頼むのも良いですし、漢方薬局などで自分にあった漢方薬などをみつけてもらうのもよいでしょう。