春野菜の効果と性質

東洋医学的栄養学   宮下宗三

たけのこ

春野菜といえばたけのこ

 『証類本草』と『本草綱目』を参考に春が旬の野菜の効果を調べてみました。見出しの横にある温は温める性質のもので、冷は冷やす性質のもの、平は温冷の性質に偏りのないものです。

 原文が漢文で、古い医学用語が使われているので、できるだけわかりやすく現代語訳しましたが、一部翻訳しづらい用語はそのまま使用し、末尾に注釈をつけてあります。

フキノトウ 温

 咳、喉の痛み等の呼吸器系症状によい。

エンドウ 平

 消渇、寒熱、嘔吐、下痢、腹の張りによく、利尿作用や、乳汁の出をよくする作用がある。注1・注2

ソラマメ 平

 胃を調える。

タケノコ 冷

 消渇によく、気を増し、水道を通利する作用がある。注2注3

セリ 平(別説では冷)

 婦人の不正出血を止める。血脈によく、気を増し、食べると肥健になる。

ナノハナ 温

 丹腫や乳腺炎などの乳房の腫瘍によいとされる。注4

注釈

注1 消渇

 喉の渇きのこと。糖尿病の症状と似ているという説もあり、頻尿を伴うこともある。

注2 寒熱

 発熱と悪寒を繰り返す症状。

注3 水道

 尿による水分代謝の一連の流れ

注4 丹腫

 皮膚病の一種。

宮下宗三
関連記事