首を守って風邪予防

東洋医学の常識   宮下宗三

 風邪予防には規則正しい生活と食事、うがいや手洗い等色々あります。これらは確かに効果的な予防法なのですが、常識的すぎていまさらここで言う必要性は全くありません。

 今回はあまり知られていない東洋医学的な予防として、「首を守る」ということを紹介したいと思います。

 何から首を守るかというとですが、東洋医学では「邪気」から首を守ると風邪予防になると考えられています。

 では、邪気とは何でしょうか?

首

首を守る?

かぜは邪気のせい!?

 東洋医学では外部の自然環境との不調和が病気の原因の一つであると考えています。

 これは単純に湿っぽいと身体がだるくなったり、寒いと関節が痛くなるといった類のものです。その自然環境を風・寒・暑・湿・燥の五つに分類し、五邪・外邪・邪気といった呼び方をしています。

 邪気などという言葉はいかにもオカルトチックで、邪気のせいで病気になるなんて説明されたら普通の現代人なら引いてしまう所ですが、単純に寒さや暑さといった自然環境の事を指すわけです。

  「邪」などという漢字で表現するとイメージが強烈になりますね。

おばけ

東洋医学でいう邪気は、この類のものではありません。

暖かくなりはじめる時期こそマフラーを

 今回は風邪の予防という事ですが、風邪の症状を引き起こす邪気の種類は風寒です。寒さが風とともにやって来て身体を攻撃するといった感じで、この風寒の攻撃目標として最も狙われやすいのが首です。

 つまり、首を露出しない事が風寒を防ぐことにつながります。そして、首を露出しない方法として最も単純且つ効果的なのはマフラーです。

マフラー

マフラーをお忘れなく

 最近外を歩いていて感じるのですが、マフラーをしないで寒そうに歩いている方が意外と多いように思われます。首を露出しないだけで寒さは半減できますから、マフラー派でない方も是非マフラーで風寒から首を守って下さい。

 少し暖かくなりだしてからが、油断してマフラーを忘れてしまいがちなので、特に風も強くなる春先にはご注意を。

かぜは首や肩から始まる

 また、発熱する前の段階の、かぜの引き始めもやはり首筋や肩背部の張りや寒気から始まります。そういった症状が出た場合は、とにかく身体を温めましょう。ショウガやネギなどを使った料理など、身体を温める食べ物を意識的に食べてもよいですね。

■関連記事:風邪症候群のツボ療法

関連記事