食事は五つの味をバランスよく

東洋医学的栄養学   宮下宗三

 東洋医学では食べ物の味を大きく5つに分類し、それぞれ身体に対して特有の効果があると考えています。この5つの味は五味と呼ばれています。

 五味はそれぞれ「酸(すっぱい)」「苦(にがい)」「甘(あまい)」「辛(からい)」「鹹(しょっぱい)」です。効果については次のようになっています。

酸(すっぱい)—収(ひきしめる)

苦(にがい)—堅(かためる)

甘(あまい)—緩(ゆるめる)

辛(からい)—散(発散・発汗)

鹹(しょっぱい)—耎(やわらかくする)

出典:『素問』蔵気法時論

 それぞれ特有の効果があるということは、逆に偏食するとその効果が強く発揮されすぎてしまい、身体に悪い影響を与えます。

 普段の食生活では、好きな味ばかり食べずに、この五味をバランスよく取り入れることが大事です。

関連記事