体内の熱を冷ます夏野菜で夏ばて対策

東洋医学的栄養学   宮下宗三

夏バテによい夏野菜

 夏野菜

夏野菜は体の熱を取る性質の物が多いです

 夏の暑さに体がついていけないと、食欲不振やだるさといった、いわゆる夏バテの症状が出てきますが、今回は夏バテによい食べ物をご紹介します。

 夏バテは夏の高温が大きな原因ですが、東洋医学では、体に熱を持った状態を主に二分類しています。

 ひとつは体内の熱で、もうひとつは体表の熱です。

 体表の熱は風邪の時の発熱と考えてください。この場合は、体表の熱を汗ととももに発散させるため、香辛料等の発汗作用のある食べ物をとります。

 夏バテの状態は体内にこもった熱と推測できますから、その場合は、体を冷やす効果のある夏野菜や果物を摂り、内側から冷やすとよいでしょう。

 というわけで、以下が体を冷やす性質の食べ物です。また、夏野菜の本草学的な効果もまとめてみましたので参考にどうぞ。

体を冷やす食べ物

キュウリ ナス  ミョウガ

ホウレンソウ 冬瓜 苦瓜 タケノコ

蕎麦 カニ 昆布 豆腐 ゼンマイ

スイカ ナシ 柿

夏野菜の本草学的な効果

ナス

夏に少量食べると体内の熱をおさめる。身体を冷やすので冷え症の方は食べ過ぎに注意。

トウガン

利尿効果があり、渇きを止め、胸腹の熱をおさめる。

トウモロコシ

食欲を増す。

キュウリ

身体の熱を冷ましたり、利尿効果があるが、食べ過ぎると身体を冷やすので注意。口や喉の乾燥や、喉が腫れ痛むときにも良い。

インゲン豆

内臓の働きを助ける。

シソ

体内の冷えを除く。食欲を増す。胃腸を調える。痰を切り、肺の調子を良くする。

スイカ

口内炎。利尿効果があり、むくみに良いとされるが、身体を冷やすので多食しないように注意。口や喉の乾燥によい。

サクランボ

顏色を良くする。

ナシ

喉の炎症を伴う咳。多食すると身体を冷やすので注意。特に産婦は食べない方がよい。

ブドウ

利尿効果あり。常食すると身を軽くし、老化防止によい。

冷やす性質の食べ物と冷やした食べ物の違い

かき氷

美味しいですが冷たいものはほどほどに

 ここでひとつ注意したいのは、冷たくした飲食物と冷やす性質のある飲食物の違いです。冷たくした飲食物とは、冷たい飲料、アイス等の冷蔵庫等で冷やしたものです。

 冷やす性質のある飲食物とは、本草学的にみた「寒」の性質を持った食べ物で、その食材そのものが体の火照りを取ってくれるものです。

 冷たくした飲み物などは、それらを飲食した後は一時的に爽快になりますが、胃を傷め、かえって食欲等を減退させたり、だるさの原因の一つであるむくみを生じやすくしてしまいます。

 暑いからといって、冷たくした飲食物ばかり取るのではなく、夏の食べ物を食べることで体の熱感を取ることをオススメしたいです。

 以下に夏野菜をたっぷり使った簡単レシピをご紹介しますのでお試しください。

夏野菜たっぷり簡単レシピ。山形郷土料理「だし」の作り方

 「だし」は、夏野菜をみじん切りにして味付けをしたもので、ご飯や豆腐の上にかけて食べます。

山形郷土料理 だし

野菜をみじん切りにするだけ。簡単です。

 今回ご紹介したとおり、夏野菜は本草学的に体内の熱をさます性質があるので、体が火照ってなんとなくだるい夏バテ症状のある方はぜひお試しを。

 「だし」の作り方は以下の通り。

だしの材料

  • ナス
  • キュウリ
  • ミョウガ
  • オクラ
  • メカブ
  • シソ
  • 白ゴマ
  • ネギ
  • 醤油
  • 鰹節
夏野菜

夏野菜がたっぷりととれます

 材料は家庭によって違うと思いますが、基本はキュウリ・ナス・ミョウガが入り、あとはオクラ・海藻類・モロヘイヤなどとろみのあるものを加えるといった具合です。醤油のかわりに麺つゆを使用してもおいしいですよ。

作り方

1.野菜をみじん切りにする。

2.みじん切りにした野菜とメカブ、白ゴマ、鰹節、醤油を混ぜる。醤油の代わりに麺つゆを使ってもおいしいです。

3.ご飯や豆腐にかける。

ごはんにかける

ご飯によくあいます

とうふにかける

豆腐の上にかけてもよいです

 この他に、スイカや梨といった夏の果物ものどの渇きや体内の熱をとりますので、適度に食べると良いですね。

関連記事