風邪症候群のツボ療法

家庭でできるつぼ療法   宮下宗三

かぜを悪化させない方法

今回は風邪症候群(以下かぜ)の初期症状に対する家庭での東洋医学的な対処法をご紹介します。

ブルブルしたらかぜの前触れ

 どんな病にも共通しますが、症状が重症化する前に対処することが肝心。

 東洋医学的にみると、かぜの場合は次の三つが主な初期症状になります。

 ①さむけがする

 ②透明な鼻水がでてくる

 ③首すじや背中がこわばる

 このかぜのひきかけの状態は、東洋医学では冷気が皮膚に留まっている状態と考えています。そのため、治療のイメージとしては皮膚に留まった冷気を外に排出させなければいけません。

 その対策としてよくとられるのが、お灸や食物で体を温めて冷えを散らしたり、汗によって外に排出させるという方法です。

風邪症候群のお灸のツボ

せんねん灸などの家庭用のお灸で行います。熱さを感じない場合は、感じるまで重ねてお灸をしてください。 

風邪症候群のツボ療法

太淵

 手首を曲げると出来るシワの親指側 

曲池

 肘を曲げるとできるシワの外端 

大椎

 首を前に曲げると現れる骨の出っ張りの下

食事療法

 本草学では、食物の性質を一文字で表すことが多いですが、かぜの場合に用いられる性質の食物は「散」の性質のものです。

 「散」は発散という意味で、体を温めて汗をかかせ、発汗の作用によって、体温を下げるということです。「散」の性質を持った食材は、コショウやトウガラシなどの香辛料の類や、ショウガ・ネギなどです。

 「散」のものを用いた食養で最も手軽な方法は、お湯におろし生姜を溶いて飲むことです。しかし、これですとあまり美味しくないので、紅茶の中などにショウガと蜂蜜溶かしてと飲むとよいでしょう。

 食欲が低下していない方の場合は、ネギをタップリと入れたアツアツのうどんも効果的です。

高熱と全身症状が出ている場合はすぐ病院へ

 今回ご紹介したのは、あくまでもかぜの初期症状に対するものですので、高熱と頭痛・関節痛などの全身症状がでている場合は、すぐ医療機関へご相談ください。

宮下宗三(Sozo MIYASHITA)

関連記事:自分で出来るお灸のやり方

関連記事