秋バテで体がだるい時の対処法

東洋医学の常識   宮下宗三
秋バテ

今回は夏の終わりから秋にかけて体がだるい感じになったり、胃腸の調子を崩したりする場合のツボと対処法をご紹介します。夏バテと似た症状なので、秋バテと呼ばれることもあるそうです。

実は秋に美味しいあの果物が胃を冷やす

夏場は冷たい物を毎日のように飲んだり食べたりしますが、過度に冷たい物をとりつづけると、胃を徐々に疲弊させ、夏の中頃から秋に入るあたりに本格的に胃腸の調子を崩してしまいます。

東洋医学では、この胃腸の不調が体のだるさの原因のひとつであると考えており、秋になると出てくる倦怠感や眠気、やる気の低下などの症状を解消するには胃腸をいたわることが大切です。

秋に美味しい梨ですが、本草学的に冷やす作用があるので食べ過ぎには注意

秋に美味しい梨ですが、本草学的に冷やす作用があるので食べ過ぎには注意

食欲の秋とも呼ばれていますが、この時期こそ暴飲暴食を控え、胃を冷やさないような食生活を心がけましょう。実は夏に美味しいスイカや、夏の終わりから秋に採れる梨も胃を冷やしますので、秋バテ気味の方は控えるようにしましょう。

冷房によるお腹の冷えにも注意、腹巻が逆効果になることも

夏から秋にかけては冷房による冷えにも注意が必要です。

特に胃腸の調子を崩しやすい方は、お腹周りの汗の処理に注意しましょう。腹部は意外と汗をかきやすく、エアコンの冷気ですぐに冷えてしまいます。

特に外出後に室内に入ったあとは、首や顔の汗ばかりでなく、お腹周りの汗もふきとるようにしましょう。

普段お腹の冷えの自覚がある方の中には、腹巻をするという方も多いと思いますが、汗を吸って湿った腹巻は冷房との相性が悪く、余計にお腹を冷やしてしまうこともあります。

それでもやはり腹巻をしていないと不安な場合は、腹巻とお腹の間に、キッチンペーパーを挟んでおき、汗を吸ったら交換するようにすると快適です。

秋は静的に過ごし、睡眠を長めにする

夏から秋にかけては、気候的にも気温が低下していくように、体も陽モードから陰モードきに切り替わる時期です。この考え方は、天人合一思想とも言われていて、人間も自然界の変化に影響を受けるということです。

東洋医学では人体の構成要素のひとつとして「気」という概念がありますが、この「気」は大きく分けると陰の気と陽の気の2種類があります。

季節の流れとしては、春と夏が陽の気が盛んな動的な時期で、秋から冬は陰の気が盛んな静的な季節です。そのため、天人合一思想的には、人間も秋から冬は静的に落ち着いて過ごすことが養生のためには良いとされています。また、『素問』という古代の医学書には秋から冬にかけては、日の長い春と夏に比べて早く寝て睡眠時間を増やすようにすることがすすめられています。これは人間も太陽の運行に合わせて睡眠時間を調節するということです。

夜更かしにならない程度に秋の夜長を楽しみましょう。

夜更かしにならない程度に秋の夜長を楽しみましょう。

秋に読書や音楽鑑賞といった静的な活動をするのは大変おすすめですが、いつもよりも早く寝ることも同時に心がけるようにしたいですね。

秋バテにおすすめのツボ

胃の不調からくる体のだるさなどに効果的なツボです。お灸はドラッグストアなどで手に入る台座型をできれば毎日してみてください。2週間程度続けると効果を感じられると思いますが、症状がなかなか改善されない場合は、お近くの鍼灸専門院などで治療を受けるのもおすすめです。

公孫

公孫

足の親指の付け根の側面にある骨の出っ張りから、かかとの方へ少し後退した所。

足三里

足三里

膝の皿の外側の下角から、手の横幅くらい下がった所。すねの骨の際に取る。

関元

関元

おへそから指の幅4本分くらい下がった所。

参考リンク

お灸のやり方
この記事をシェアする
関連記事