自律神経失調症や不定愁訴の鍼灸治療

現役世代の方に意外と多い、自律神経失調症や不定愁訴

 不定愁訴というのは現代医学的には健康体にも関わらず、身体の具合の悪い状態で、症状としては全身倦怠、疲労感、微熱感、頭重、頭痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、 しびれ感、動悸、四肢冷感などが挙げられます。

自律神経失調症イメージ

不定愁訴 不定愁訴は治療法も確立されておらず、病気として認めてもらえないせいか、家族や同僚の理解もなかなか得ることができません。

 年齢に関係なく発症しますので、現役世代の方でも多くみられ、病院などでは自律神経失調症と告げられることもあります。現代医学では原因不明のため、根本的な治療法もあまりなく、状態によってはうつと診断されてしまうことあるようです。

 不定愁訴の方の現状はこのようになりますが、自律神経に関わる症状は東洋医学の方が効果を発揮することがあり、成鍼堂では、鍼灸で自律神経失調症の治療を行っています。

自律神経失調症や不定愁訴の鍼灸治療を行う上で大切なこと

オーダーメイド治療と全身治療

自律神経の症状には個人差が出やすいため、オーダーメイド治療が望ましく、全身的な調整も必要になる。

 不定愁訴・自律神経失調症は、基本は全身のバランスの崩れによって色々な場所に症状が複数出ることがほとんどです。つまり、治療は症状の起きている場所だけにこだわらず、手足やお腹・背中といった、全体を調節していくことが重要になります。

 さらに、症状名は同じであっても一人一人出る症状が必ず異なりますので、治療は流れ作業的に誰に対してでも同じようにするわけではなく、オーダーメイドで行われます。このオーダーメイド治療こそが鍼灸をはじめとした東洋医学の大きな特長で、不定愁訴・自律神経失調症の治療には大変向いています。

自律神経失調症の鍼灸治療にかかる治療期間について

 治療期間については、全身的に体質を改善していくことが重要になりますので、長期に渡ることも考えられますが、発症してから日の浅い場合ですと、数回の治療で改善することもございます。ただ、慢性化したものの場合は、順調にいった場合でも2ヶ月程度かってしまうことが多いです。

 現役世代の方は治療院に行く時間をなかなか確保できない場合が多く、治療費の事を気にする方もいらっしゃると思いますが、当院では、自宅で患者さんご本人にお灸を行っていただきながらの治療をすることで、できるだけ頻繁に通う必要がないようにもしております。

 こちらから通常ご提案している治療頻度としては、週に1回程度の治療を2ヶ月程度経過をみながら行い、その間に症状が安定してきたら徐々に治療の回数を減らして様子をみていっております。ご希望の方には、症状が改善後にも1ヶ月~2ヶ月に1回程度の頻度で予防や体調管理的な治療を行うことも可能です。

院長 宮下宗三

院長著書紹介

難解な東洋医学を、やさしい家庭医学に!

快眠法・食事術・ツボ・衣服・運動など、東洋医学的養生法が丸ごとつまった一冊。

『江戸の快眠法 東洋医学で眠れるからだを作る』(晶文社)

本の紹介ページへ »

この記事をシェアする
関連記事

診療日・受付時間

鍼灸治療料金

初回:7,560円(鍼灸治療+初診料)

2回目より:5,400円

SNS

成鍼堂治療院が管理しているフェイスブックページです。東洋医学や健康関係のニュースをご紹介しています。

ツイッターでは、治療院からのお知らせや、院長の個人的なつぶやき、家庭の東洋医学の過去記事を投稿しています。

@seishindo89

インスタグラムでは、院長による猫グッズ自慢、お散歩写真、ツボや東洋医学関係のイラストなどを投稿しています。お気軽にフォローしてください。