下痢治療のお灸

家庭でできるつぼ療法   宮下宗三

 今回は『病家須知』という江戸時代の家庭医学書から、下痢の時の家庭でできるお灸治療についてご紹介します。

病家須知

江戸時代の家庭医学書『病家須知』。 上写真は滅多になさそうな事ですが、 アゴがはずれた時の対処法図です。

 この書物では下痢に対してはお灸がもっとも良いということで、以下のように治療点とともに記載されています。

 又痢病は尤も灸に宜し。臍の両旁・臍上下、および背脊・腰髎、何も灸してよし。

 (また痢病にはお灸が最もよい。臍の両わき・上下、および背中や腰のどこに灸してもよい。)

病家須知』巻之五

 ここでは、臍の上下や両脇としか書いてありませんので、具体的な位置は以下のようになります。

下痢のつぼ

関元

おへそから指の幅4本分くらい下。

天枢

おへそから指の幅3本ぶんくらい外側。

水分

臍から指の幅二本分ほど上。

お灸のやり方はこちらをクリック

参考資料

平野重誠『病家須知』社団法人農山漁村文化協会、2016年(翻刻・現代語訳あり)

この記事をシェアする
関連記事