[旅] ニューヨーク旅行記1日目

1.なぜニューヨークに?
 先週はニューヨークへ出張+新婚旅行といった構成の旅に出てきました。
 実は今、同じく鍼灸師である妻がお世話になっている先生がアメリカで本を出版するようで、そのお手伝いを少しだけしています。今回はなぜニューヨーク旅行かというと、ニューヨーク在住のアメリカ人の翻訳者の方とミーティングするためです。
 1泊程度の国内旅行は結婚後もボチボチ行っていたのですが、忙しくて長期の新婚旅行にはいっていなかったので、これを新婚旅行ということにしました。
 旅行はちょうど1週間。飛行機での移動で往復3日間かかるので、実質4日間が持ち時間の旅です。

2.疲れた身体に特大サイズのピザ

 ニューヨークはアメリカの東海岸ですので、日本からものすごく遠く、約12時間のフライトでした。
 この12時間は時差ぼけ対策のために現地時間に合わせて眠くもないのに無理矢理寝てみたり、狭くて硬いいエコノミーの席に座り続けて腰や頚が痛くなったりと、かなりしんどかったです。
 それでも肩凝り腰痛のつぼを指で押しながら、なんとか12時間こらえやっとニューヨークに到着。その後、ブロードウェイの49stにあるホテルに到着。部屋に入る頃には身も心もすでにボロボロでした。
 さて、到着は夕方だったのですが、まずは食事をしなくてはなりません。私も妻も英語がほとんど話せないですし、どこに何があるのかさっぱりわからないので、とりあえず街を彷徨きます。

ブロードウェイ
ブロードウェイには劇場が立ち並んでいます

 ニューヨークは洗練された街だというイメージを何の根拠もなく勝手に持っていた僕ですが、何だかブロードウェイの49st周辺はそれほど綺麗な感じではありません。長時間のフライトで弱っていたせいもあり、ゴミゴミしているし、歩くと疲れます。
 弱った身体で食事する所を探し歩くのも疲れるので、あまりこだわらずにとりあえず近くにあったピザ屋さんに入りました。
 ピザ屋さんでは、ピザを一切れずつを頼んだのですが、これがかなり特大。一切れなのに日本のスモールサイズに近いくらいの大きさです。

ぴざ
写真では伝わり辛いですが、特大です

 味は可もなく不可もなく・・・。食べ応えだけはありました。これが噂のアメリカンサイズなのですね。
 この日はWBCの日本対アメリカ戦の日でもあったので、ピザを食べたらそのままホテルへ。野球は本当は最後まで見たかったのですが、これまで経験したことのない異様な眠気に押され、21時過ぎには寝ていました。これが時差ぼけというやつなのですね。
旅行記1日目へ
旅行記2日目へ
旅行記3日目へ
旅行記4日目へ
旅行記5日目へ

この記事をシェアする
関連記事
    関連記事はまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です