自分で出来る胃の不快感解消法

治療法

 家庭用の台座付きのお灸で行います。

 胃の不調はお灸をすると一時的に楽になりますが、不摂生を続けるとスグに元に戻ります。

 調子の悪い時に数回お灸をして治すというよりも、良くなってからも継続的に今回ご紹介するツボにすえるとよいでしょう。また、念のためにも現代医学的な検査などの受診もおすすめいたします。

胃の不快感・不調・胃重・胃の痛みのツボ

足三里

 膝の皿の外側の下角から指の幅五本分くらい下がった所。骨の際に取る。

陰陵泉

 膝の皿の内側の下角から指の幅五本分くらい下がった所。骨の際に取る。

胃のツボ

関連記事:自分で出来るお灸のやり方

関連記事
著書紹介

難解な東洋医学を、やさしい家庭医学に!

快眠法・食事術・ツボ・衣服・運動など、東洋医学的養生法が丸ごとつまった一冊。

『江戸の快眠法 東洋医学で眠れるからだを作る』(晶文社)

本の紹介ページへ »

著者:宮下宗三

鍼灸師。成鍼堂治療院院長、新日本医師協会鍼灸部会学術部長、日本伝統鍼灸学会評議員。著書に『江戸の快眠法』(晶文社)、『鍼灸師・マッサージ師になるには』(ぺりかん社)がある。古文献にある東洋医学的な養生法を、現代人向けにわかりやすくアレンジしてウェブサイト上で発信している。イラストも手がける。

著者紹介へ »