原因不明の頭痛や偏頭痛の鍼灸治療

頭痛、偏頭痛治療の現状と問題点

 頭の側面を中心としてズキズキと痛み、主に片側のみに症状が出現することが多い偏頭痛(片頭痛)。後頭部などが締め付けられるように痛む緊張型頭痛。現代医学では血管を収縮させる薬を飲み続けるか、頭痛発現時に鎮痛剤を飲むといった、根治するための適当な治療法の存在しない大変辛い症状です。

鍼灸治療の適応

頭痛は気分まで落ち込ませてしまいます。ひどい場合は吐き気や嘔吐を伴う方も多くいらっしゃいます。

 頭痛には様々な原因が存在し、その裏側に重大な病気が隠れている事も多いのですが、偏頭痛(片頭痛)や慢性頭痛を患う多くの方は、病院で検査をしたにもかかわらず異常が見受けられません。

 そして、薬物での対症療法と同時に、経過観察という言葉で放っておかれてしまうのではないでしょうか。

 頭痛さえなければ、普通の日常を送れるはずが、いつ頭痛になるかを心配してしまい、消極的な生活になってしまう方もいらっしゃいます。東洋医学は検査では異常が出ない頭痛に対して効果を発揮することがあり、当院では鍼灸を用いた効果的な治療を行っております。

頭痛を東洋医学的に研究し、鍼灸治療へ応用

 そもそも偏頭痛(片頭痛)や頭痛という病気自体が最近できたものではありません。古くはおよそ2000年前に成書された中国の医学書である『黄帝内経素問』の中にもその症状と治療法が明示されております。

 その中にはめまいをともなった偏頭痛の記載なども見られます。

 当院では頭痛や偏頭痛治療を東洋医学的に研究し、それを鍼灸に応用しています。そのためには、古代に成立した医学書を地道に解読し、現代にあてはめていくという作業が行われます。

医学古典中にある頭痛に関する記載

医学古典中の頭痛の記載 古代の医学書。左が仁和寺本『黄帝内経太素』、右は医統正脈本『鍼灸甲乙経』。

 その研究の際に感じたことは、頭痛の治療は通常の治療院で行われる、頭や頚の緊張を取るといった患部のみへの治療だけでは対処できないということです。全身のツボ(経穴)を一人一人の体の状態に合わせて使わなければならないのです。

鍼灸においても緊張型頭痛と血管拡張型の偏頭痛では治療法が異なります

 緊張型の頭痛の場合であれば、頚部や肩凝りの治療のみですむことがございますが、特に血管拡張型の偏頭痛の場合は、全身的な調整が必要です。

血管拡張型頭痛の注意点

 東洋医学では全身の血液の流れのバランスを重視します。頭痛の多くは頭部の方へ血液が過度に供給され、手や足と行った末梢の循環が悪い状態です。手や足に行くはずの循環が頭部にそのままとどまるので、頭部の血管が拡張した状態になり、頭痛を起こすわけです。

 これを治すには頭や頚への鍼灸治療だけでなく、手や足といった末梢のツボ(経穴)を刺激し、頭に上った血を手足の方へ誘導して、拡張した血管の負担を軽減しなくてはなりません。

頭痛・偏頭痛の鍼灸治療例

 WHO(世界保健機構)が認定している鍼灸治療適応症の中にも頭痛は含まれており、当院での治療経験からも頭痛に対して鍼灸は有効であると実感しています。

 数例を挙げると、偏頭痛とめまいを訴える50代の女性は、約3ヶ月の鍼灸治療で症状が消失しました。鍼灸治療受診前は、寝返りをうつたびにめまいがしたり、頭痛薬が手放せなかったりと大変なご様子でした。

 また、10年来のめまい・耳鳴り・頭痛を訴える30代の男性は週1回の頻度で頭痛鍼灸治療を行った所、2回目の治療時にはめまい・耳鳴りが解消、4回目には全ての症状が解消されました。

 患者さんの多くは頭痛治療はもっと時間がかかるとお思いのようでした。確かに数年来の慢性頭痛の場合、治療期間が長期かかることもありますし、それほど効果がでないまま治療を中止することがあります。

 ただ、症状の治り方には大きな個人差があり、長期間苦しんでいる場合でも2ヶ月程度の治療で改善することがあり、鍼灸治療を試す価値は十分にございます。なお、頭痛になってから日が浅ければ浅いほど治療回数は少なくすみ、治りやすくなります。

※施術の結果には個人差がございます。施術例は効果を完全に保証するものではなく、参考として掲載していることをご理解いただきますようお願いいたします。

追記

 当院では忙しい等の理由で治療院に頻繁に通えない現役世代の方のために、家庭でできる頭痛治療法を個別に教えています。頭痛でお悩みの方は今すぐお問い合わせ下さい。

成鍼堂治療院 院長 宮下宗三

診療日・受付時間

鍼灸治療料金

初回:7,560円(鍼灸治療+初診料)

2回目より:5,400円

SNS

成鍼堂治療院が管理しているフェイスブックページです。東洋医学や健康関係のニュースをご紹介しています。

ツイッターでは、治療院からのお知らせや、院長の個人的なつぶやき、家庭の東洋医学の過去記事を投稿しています。

@seishindo89

インスタグラムでは、院長による猫グッズ自慢、お散歩写真、ツボや東洋医学関係のイラストなどを投稿しています。お気軽にフォローしてください。