顔面神経麻痺にはどのような鍼灸院を選ぶとよいか

宮下宗三
by宮下宗三

顔面神経麻痺は、顔の片側が麻痺をしてしまう病気です。脳の異常などと関わる中枢性のものと、それ以外の末梢生のものに大きくわけられ、末梢生のものはベル麻痺や、ハント症候群などと呼ばれます。

顔面神経麻痺のほとんどは末梢性で、末梢性の場合、早期に飲み薬や点滴などによる、現代医学的な治療が行われれば、6割から7割が治癒するとされています。

そして、残りの3割から4割の方は、後遺症がのこってしまう可能性があります。この後遺症に関しては、積極的な治療が行われないのが現状です。

例えば、皆さまの中にも、新しい治療法の提案のないまま、病院へ通う間隔を徐々にあけられ、経過を観察するだけの状況になっている方は多いのではないでしょうか。

顔面麻痺治療の現状

このように、急性期を過ぎると、現代医学的には積極的な治療策がないので、他の治療法を探し、最終的に鍼治療をお選びになる方が多くいらっしゃいます。

その際、自分の今の状態は、鍼治療で改善の余地があるかどうかや、どれくらいの頻度や期間かかるのか、ということが気になることでしょう。

そこで、顔面神経麻痺の鍼治療を専門的に行っている私の経験から、鍼灸院をお選びの際に知っておくとよいことを、個人的見解としてまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

当記事の主な内容は、鍼治療が適応と考えられるケース、効果と安全性の評価、方法と種類、開始するタイミングや治療頻度などについてです。

鍼治療が適応となるケース

末梢性の顔面神経麻痺

ベル麻痺、ラムゼイハント症候群

 

発症してからの期間が、以下にあてはまる

発症後2ヶ月以内のものは特に治りがよく、8ヶ月程度までならよく改善していく傾向にあります。ただし、発症直後は現代医学的な治療が最も効果が高いので、発症したらまず病院などを受診してください。なお、鍼灸は病院での治療と並行して行うことが可能です。

また、ENoGという電気生理学的検査法の結果が良好な場合は、実際に現れる麻痺の重さに関わらず予後が良く、お薬での治療後、特に何もしなくても自然治癒するケースも多いようです。このENoGという検査は、病院によって採用していないところもありますが、予後を大まかに知るうえで参考になります。

短期間なら試す価値はあるが、基本的に改善が難しいもの

中枢性の顔面神経麻痺

腫瘍など脳の異常が原因で、手術が必要なもの

発症してからの期間が、以下にあてはまる

発症後8ヶ月以上経過している方は、基本的には難しいことが多いです。ただ、まれに緩和していくケースも存在しますので、1ヶ月半程度の、短期間の経過観察をしながら試してみる価値はございます。

手術後の後遺症や、交通事故などの外傷

手術の後遺症や交通事故による顔面神経麻痺は、良くなるケースもございますが、効果が全く出ないで中止するケースもございます。末梢性の顔面神経麻痺より治りが悪いことがほとんどです。

鍼治療の効果と安全性の評価

一般的に鍼灸治療は、血流をよくすることで、治癒を促進させると考えられています。顔面神経麻痺に対する鍼治療の外部の評価としては、WHOが2002年に発行した鍼灸の臨床試験報告レビューでは、以下のような分類で認められています※1。

治療効果をみせることがあるが、さらなる臨床試験による証明が必要とされる (著者による意訳)

※1 Acupuncture: Review and Analysis of Reports on Controlled Clinical Trial. World Health Organization 2002

鍼治療は、より質の高い臨床試験によって、今後も検証が続けられることになるでしょう。

では、安全性に関してはどうでしょうか。科学的根拠(エビデンス)に基づく医療情報源として、最高水準のものとされているコクランレビューによれば、鍼治療のエビデンスはまだ明確ではないとしながらも、以下のように、537例を対象とした6試験において、有害な副作用が報告されなかったとしています※2。

参加者計537例を対象とした6試験が組入れ基準に合致した。5試験では鍼治療を用い、残る1試験では鍼治療と薬物の併用を用いていた。本レビューで規定したアウトカムについて報告していた試験はなかった。有害な副作用は、いずれの試験でも報告されなかった。

※2 Chen N, Zhou M, He L, Zhou D, Li N. Acupuncture for Bell’s palsy. Cochrane Database of Systematic Reviews 2010, Issue 8

このように、鍼治療は顔面神経麻痺に対しては安全ではありますが、現場の臨床家としては、完全に害がないと言い切ることはできません。大きな害はないものの、例えば副反応として、鍼を刺したあとに内出血することがございます。

ただし、この内出血は採血などで起こるものとほぼ同じようなもので、自然にきれいに消失します。発生頻度も注射などにくらべてはるかに低く、体質的なものと関連していることもあり、長期の治療において一度も内出血しないというケースがほとんどです。

 

歴史的にみた顔面神経麻痺と鍼灸

医学古典中に記載される顔面麻痺

顔面神経麻痺は現代病ではなく、約2000年前の医学書にも似た症状が記載されています。例えば、古代の鍼灸学書である『黄帝内経』の中では「口がゆがみ、目を閉じられない(口僻、目不合)」とあるように、顔面神経麻痺様の症状と、その治療法について言及されています※3。

炎症を抑えるお薬の発明されていない時代では、鍼が主な治療手段であり、治療成績をあげるためには、歴代の医学書を研究して、現代に応用することも大切であると、私は考えています。

※3『黄帝内経霊枢』(日本内経医学会、明刊無名氏本)

顔面神経麻痺に対する鍼治療の方法

全身の状態を改善する

鍼灸治療を受ける場合は、顔への鍼治療だけでなく、全身的に治療をしてもらえるところに通うとよいでしょう。なぜなら、ほとんどの場合、病んでいるのは顔だけでなく、全身的に疲労がたまっていたり、強いストレスがあったりと、ご自分では気づいていないお体の不調が存在しているからです。

顔は体の一部分ですので、その根となる全身の状態を整えることで、麻痺の回復が促進できると考えられています。

 

顔への刺激もしっかりと行う

顔面神経麻痺のツボ

顔面神経麻痺の鍼治療に使用する顔面部や手足のツボ

 鍼灸師によって治療方針は様々で、体の一部を取りあげ、そこさえ整えば顔も自然によくなっていくという考えもあるようです。そのため、鍼灸師によっては、顔への刺激は一切行わないということもあります。

 顔に刺激をしないという方法が、正しいかどうかは別として、私の意見としては偏った治療はせずに、患部もそれ以外の場所も、両方に目を向ける必要があると思います。

 確かに歴史的にみても、古代の医学書には顔面神経麻痺に対して、頚部や耳の裏側あたりのツボや、手足への刺激も行うことが記載されています。しかしながら、同時に顔面にあるツボも併記され、どちらか片方のみを行うというのは、その中のひとつの説に過ぎません。

前述したように、全体的な治療をしたうえで、顔も刺激した方がよいと考えられます。

古医書に記載される顔面神経麻痺の鍼治療点。顔面部以外に、手足や耳の裏などがある。(『鍼灸資生経』巻六より改変)

例えば、『鍼灸資生経』という中国宋代の鍼灸学書には、歴代の様々な文献に記載されている顔面神経麻痺のツボがまとめられています。その中には、手足にある「内庭(ないてい)」「二間(じかん)」といったツボと、耳の裏にある「翳風(えいふう)」というツボの他に、「承泣(しょうきゅう)」などの顔面のツボも列挙されています。

つまり、部分と全体をバランス良く治療するのが、昔からのスタンダードというわけです。

麻痺の部位や程度、全身の状態など、個人差に合わせて治療を行う

顔面神経麻痺の症状は様々

顔面神経麻痺といっても、運動麻痺以外に味覚障害のある方や、強ばりのある方、痺れなどの知覚の異常や違和感、涙が止まらないなど、症状は様々です。

  オーダーメイド治療

ひとりひとりに合わせた治療を行うために、鍼灸師は初診時にじっくり話を聴く必要があります。治療を受けるなら、断然オーダーメイド治療がよいでしょう。一方で、すべての方に同じ場所に鍼を刺し、そのまま寝かせておくだけの、レディメイド(既製品)式の治療を行うところもあるようです。

鍼は中国・韓国式の太いものから、繊細な日本式のものまで様々

鍼の種類は様々で、例えば中国式の場合は一般的に太いものが多くなります。そのため、鍼の痛みなどがご不安な場合は、必ず鍼灸院を選ぶ前に問い合わせてみるとよいでしょう。なお、当院においては、日本式の使い捨て極細鍼を使用しております。

鍼

日本式の極細鍼。写真で確認しづらいほどの細さです。

また、現在はどこの鍼灸院でも、基本的に全て使い捨ての鍼を用いております。国家資格をきちんと保有し、保健所に登録されている施術所であれば、衛生面については気にする必要はないでしょう。

置鍼と単刺

基本的な鍼の手法として、置鍼と単刺があります。置鍼は鍼を刺しっぱなしにして、一定の時間そのまま放置する方法で、単刺はその都度鍼を抜いていく方法になります。

効果的にみてどちらが優れているということはなく、状態に合わせて使い分けます。鍼を刺しっぱなしにされるのが怖いという方の場合、治療で本来リラックスしたいのに、緊張を強めてしまうことがありますので、鍼灸師と相談するのがよいでしょう。

電気鍼(低周波鍼通電)

鍼を刺した後、鍼体にクリップをつけて通電をする、低周波鍼通電という方法があり、通称「電気鍼」などと呼ばれています。この電気鍼は、顔面神経麻痺の回復を遅らせたり、病的共同運動などを助長する可能性がある、という意見を時々うかがいますが、実際のところ因果関係ははっきりとしていません。

私個人は治療に電気鍼を採用しておりませんが、電気鍼の治療で成果を出しているという研究も多くあるので、それほど心配する必要はありません。個々の鍼灸師の判断に委ねるのがよいでしょう。

お灸には有痕灸(ゆうこんきゅう)と無痕灸(むこんきゅう)があります。有痕灸は文字通り、お灸で皮膚を焼く方法を用いるので、火傷の痕ができます。

無痕灸はお灸の火が皮膚に到達する前に、消火したり取り去るなどして、痕が全く残らないお灸です。顔面部へお灸をすることは、あまり多くありませんが、その場合は無痕灸が使われます。

当院の場合でも、基本としては鍼のみで治療することが多いですが、急性期を過ぎた後の、顔面部の強ばりや違和感に、ときどき無痕灸を用いることがあります。

治療開始のタイミングや治療頻度・期間について

治療の開始は基本的にはいつからでも可能

鍼治療開始のタイミングですが、基本的にいつからでも可能です。早ければ早いほどよいという説もありますが、発症当日からすぐになどと、極端に急ぐ必要はありません。私の経験では、病院での初期のお薬の治療が終了する、発症後2週間程度の方の治療をする事が多いですが、それでも全く問題はございません。

逆に、西洋医学的な治療は発症直後から開始することが望ましいので、症状が出始めたら、迷わず西洋医学的な治療を最優先させるようにしましょう。

顔面神経麻痺への鍼治療の頻度や期間について

鍼灸師によって違いが出る所なので、当院の場合として紹介させていただきますと、発症して約2ヶ月以内であれば、最初の2週から4週は、可能な場合は2~3日間隔の通院を勧めています。発症後それほど時間が経過していない場合は、高頻度で行うと改善しやすいことがあるからです。

2ヶ月以上過ぎている場合は、治療期間が長引くこともあるため、それぞれの方の状況に応じて調整していきますが、基本的には鍼治療の頻度は週に1回程度になります。

通院頻度のめやす 

治療期間の目安としては、軽度のものでかつ早期あれば、数回のうちに大幅な改善がみられますが、基本的に治療は1クール2ヶ月間を目安に行い、その間の治癒の度合いをみながら継続するか終了するかを決定していきます。

まとめ

以上が鍼灸院を探す時に知っておきたい知識です。いざ鍼を受けようと思っても、どこに行けば良いのかご不安な方が多いようで、遠方からお電話やメールでご相談をいただくことが度々あり、その際によくご質問いただく疑問点をまとめてご紹介しました。

鍼灸治療が適応になるタイプは末梢性のもので、できれば早期に開始するとよいでしょう。また、治療は部分的にだけではなく、全体的にバランス良く鍼をしてもらえる鍼灸院を探してみて下さい。使用する鍼の種類、方法なども色々とあるので、その点も確認してみましょう。

私は今まで、顔面神経麻痺の後遺症のケアに数多く関わってきましたが、たくさんの方々に喜ばれ、鍼灸はもっと多くの方に利用されるべきだと常々感じております。皆さまが当記事を参考に、よい鍼灸院をお探しになり、1日でも早くもとのお顔に戻られることを願っております。

当院における顔面神経麻痺の症例

著者:宮下宗三

鍼灸師。成鍼堂治療院院長、新日本医師協会鍼灸部会学術部長、日本伝統鍼灸学会評議員。著書に『江戸の快眠法』(晶文社)、『鍼灸師・マッサージ師になるには』(ぺりかん社)がある。

著者紹介へ »

院長著書紹介

難解な東洋医学を、やさしい家庭医学に!

快眠法・食事術・ツボ・衣服・運動など、東洋医学的養生法が丸ごとつまった一冊。

『江戸の快眠法 東洋医学で眠れるからだを作る』(晶文社)

本の紹介ページへ »

診療日・受付時間

鍼灸治療料金

初回:7,560円(鍼灸治療+初診料)

2回目より:5,400円

SNS

成鍼堂治療院が管理しているフェイスブックページです。東洋医学や健康関係のニュースをご紹介しています。

ツイッターでは、治療院からのお知らせや、院長の個人的なつぶやき、家庭の東洋医学の過去記事を投稿しています。

@seishindo89

インスタグラムでは、院長による猫グッズ自慢、お散歩写真、ツボや東洋医学関係のイラストなどを投稿しています。お気軽にフォローしてください。