江戸の快眠法 ー 東洋医学で眠れるからだを作る

著者:宮下宗三

定価:本体1600円+税

出版社:晶文社〔2018年6月19日発売〕

四六判並製 224頁

Amazonで購入 »

江戸時代の人々も睡眠で悩んでいた!?

毎日ぐっすり深く眠らなくても良い!?

睡眠で最も大事なのは「内臓を養う」こと。からだを休め、こころを調える穏やかな眠りとは。江戸時代まで主流だった東洋医学の知恵を、『病家須知』などの古典医学文献を根拠として、現代人が簡単に家庭で実践できる形にアレンジし、イラスト多数で解説。指圧やお灸を使った頭痛や胃腸、肩こりの改善から、瘀血や更年期障害などの養生法についても紹介する。

(晶文社ウェブサイトより)

著者よりひとこと

本書では江戸時代の快眠法を始めとした、東洋医学的な養生法を多数ご紹介しています。健康法は効果的でないともちろんいけませんが、効果を出すためには継続が必要です。そのため、本書では簡単で、時間を取られず、疲れていてもできる養生法を厳選いたしました。

メインテーマは睡眠ですが、サイドディッシュも美味しいお店のような本を目指し、全ての記事が皆さまのお役に立てるように書いたつもりです。内容についてはぜひ本書を手に取って読んで頂きたいですが、ご参考までに見出しの一部をを以下にご紹介いたします。

第一章 わたしたちはなぜ眠れないのか

  • 江戸時代にも眠れない人々はいた
  • 東洋医学的な睡眠障害の原因
  • 身も心も疲れているのに眠れない
  • 300年間売れ続けている超ロングセラー健康本の著者に学ぶ健康的な生き方
  • 理想の睡眠と関係する3つの問題

…等々

第二章 江戸の快眠法

  • 江戸時代の家庭医学書に記載された睡眠の質を向上する方法
  • 江戸流マインドフルネス
  • 三段階入眠法
  • 夜の過ごし方
  • 娯楽との向き合い方
  • 江戸時代生まれのグローバルエリート 新渡戸稲造の5分間黙思法

…等々

第三章 東洋医学でぐっすり眠れる体に整える

  • 不定愁訴と睡眠
  • お灸のやり方・ツボの押し方
  • 頭痛・肩こり・眼精疲労・腰痛・胃腸・動悸・女性の不定愁訴
  • 疲れている時ほど夜のドカ食いと深酒を避ける
  • 人生100年時代を生き抜くための戦略としての養生法

…等々

第四章 季節のリズムを取り戻す方法

  • 季節毎の旬の野菜と果物、旬の魚の本草学的効果
  • 季節にあった衣服、運動や暮らし方、こころの使い方
  • 江戸の流行語でこころを楽にすごす
  • 汗とどうつきあうか
  • 冬-イベントの多い季節でもマイペースに静かにすごす

…等々

宮下宗三

鍼灸師、成鍼堂治療院院長。鍼灸臨床の傍ら、古文献にある東洋医学的な養生法を現代人向けにわかりやすくアレンジしてウェブサイト上で発信している。イラストも手がける。

関連記事