突発性難聴や耳鳴り、耳閉感の鍼灸治療

耳鳴りや耳詰まり・耳閉感は、集中力を低下したり、気分を落ち込ませたり、日常生活に大変大きな支障をきたしてしまい、そのような方々が当院へも大変辛い様子でご来院されています。

耳鳴りや耳詰まり・耳閉感は、集中力を低下したり、気分を落ち込ませたり、日常生活に大変大きな支障をきたしてしまい、そのような方々が当院へも大変辛い様子でご来院されています。

 突発性難聴は、高度の難聴が突然発症する病気ですが、聴力の低下以外に、耳鳴りや耳詰まり、耳閉感を同時に発症する方は非常に多くいらっしゃいます。

 発症後はとにかくできるだけ早く病院や医院などで、専門のお医者さんに診断してもらい、標準的な治療を受けることが望ましいのは言うまでもありません。

 しかしながら、病院などで行う治療は、数値化できて効果の評価がしやすい聴力に対してばかりで、耳閉感や耳鳴りについてはあまり有効な治療法がないのが現状です。

 現代医学ではこのような状況ですが、東洋医学はどうなのでしょうか。

突発性難聴に対するWHOの見解

 一般的な評価としては、WHO(2002年)の鍼灸の臨床試験報告レビューと分析に(※1)、突発性難聴(sudden-onset deafness)について、難聴は通常医療での治療が困難なことがあり、鍼灸治療を行う価値があるとしています。

 また、耳鳴りや耳閉感の治療は、東洋医学では古くから治療の対象とされてきました。例えば、約2000年前の鍼灸関連の医学書である『黄帝内経』には、耳鳴りに対して有効な経穴(ツボ)についての記載がみられます(※2)。

 耳鳴りや耳閉感は中耳炎や、それ以外にも単独で発症することもありますが、当院では古代の鍼灸理論から現代医学的な考え方までを広く研究し、次のような考え方で効果的な治療を行っています。

2.突発性難聴をはじめとした耳鳴り、耳閉感の鍼灸治療の方法

全身的な循環の改善と、頚肩や耳周囲の血行をよくする治療を同時に行う。

総合的な治療

 突発性難聴などの耳の症状の原因として、循環障害があげられています。説明するまでもなく、すでに多くの方は鍼灸治療によって血行が良くなるというイメージをお持ちだと思います。

 この場合、耳の周囲へのみ鍼を沢山するというイメージがあると思いますが、場合によっては、実際は耳以外への治療が重要になることがあります。

 循環障害は部分的に発生するのではなく、全体的な症状であるからです。その一例として、足の冷えなどの末梢の循環障害があります。

 足などの末梢の循環が悪いと、本来足へ流れていくはず血流が体の上の方へ集中し、頭部へ過度に負担がかかり、循環がスムーズにいかない状態になります。そのため、耳の症状をはじめとして、頭の重さ、のぼせ感といった頭部の不快感が出現しやすくなります。

 つまり部分的な循環障害が、他の部位へ影響している場合があるというわけです。

めまいの治療には手や足にも鍼灸をして全身をととのえる。

 こういった状態を東洋医学では、「厥病(けつびょう)」という言葉で表しておりますが、当院では、まず第一段階として、手足やお腹、背中への鍼灸治療により、頭部の過度な循環を末梢の方に誘導していく全身的な治療を行います。

 また、全身的な治療は免疫力向上、疲労回復、自律神経の調整、リラックス効果もあり、それによって抵抗力も高めていきます。

 全身治療後は、患部の治療へうつります。突発性難聴を訴える方の多くは、耳の周囲や、肩や首の過度な緊張がみられます。全身治療に加え、肩や首や耳周囲の緊張をやわらげることで、最終的に症状が軽減、又は治癒していきます。

3.突発性難聴や耳鳴りの鍼灸治療期間

 治療を開始するタイミングですが、やはり現代医学的治療と同じく、早期に開始される方が短期間で治癒していきます。特に慢性化した耳鳴りは治りが悪いことが多く、あまり改善されないまま鍼灸治療を中止する例もございます。治療の回数としては、順調にいった場合では1回~4回程度で2週間程度で軽減・治癒していきますが、通常は週に1~2回の頻度で、2ヶ月程度みていただくことが多いです。

4.細い鍼を使用し、個人の感受性に合わせたソフトな治療を行います

成鍼堂方式のの突発性難聴治療

 鍼が初めてで怖いという方も多くいらっしゃいましたが、当院では個人の体質に合わせたソフトな鍼灸を行いますので、安心して治療が受けられます。

 また、太い鍼を使った強刺激な治療は、かえって緊張を招くこともあるため、当院では、使用する鍼も中国式の太いものは用いず、日本式の鍼先の繊細な極細のものを用いています。

 治療は必ず個別に対応し、鍼をしたまま数十分寝かせておく程度の内容の治療や、症状に合わせて治療を行うので、全ての方に一律の治療をすることもございません。

 早期に開始することをおすすめいたしますので、鍼灸が初めてで治療にお迷いの方はいつでもご相談下さい。

耳鳴り・耳閉感の症例

成鍼堂治療院 院長 宮下宗三

参考文献

※1『Acupuncture: Review and Analysis of Reports on Controlled Clinical Trial』(World Health Organization,2002年)

※2『重廣補注黄帝内経素問』(台湾・天宇出版社,顧従徳本影印)