東京都練馬区の鍼灸専門院

成鍼堂ロゴ

体外受精前後の鍼灸施術スケジュールについて

体外受精の成功率をあげるために、移植前後だけでも鍼灸治療を受けたいというお問合せや、体外受精に合わせた施術スケジュールをご質問をよくいただくため、以下に当院において推奨している、移植前後の施術フローをご紹介します。

新鮮胚移植(自然排卵周期)の場合

合計3回の施術を受けていただいております。

新鮮胚移植時の鍼灸

新鮮胚移植の場合は、まずかかりつけのクリニックでの、採卵日を決めるための通院日前後に1回行います。

その後、移植日の前48時間以内、移植日の後48時間以内にそれぞれ1回ずつ行います。

凍結融解胚移植の場合

新鮮胚移植と同様に、合計3回の施術を受けていただいております。

凍結融解胚移植時の鍼灸

融解胚移植の場合は、生理開始後14日前後に1回と、移植日の前48時間以内、移植日の後48時間以内にそれぞれ1回の鍼灸施術になります。

ご自宅での施灸や経穴刺激

シールタイプの微小鍼

1回目の施術時に、自宅でできるお灸の方法をお伝えしますので、移植前まで行っていただきます。お灸が難しい場合は、パイオネックスという、ごく微小な置き鍼を経穴(つぼ)に貼り付けておき、その上から1日数回指での圧迫刺激をしていただきます。

鍼灸で血流をうながし子宮の状態を調える

体外受精前後の鍼灸施術は、主に子宮の状態を調えることを目的に行われます。クリニックでは子宮の状態をはかる指標として、内膜の厚さを測定すると思いますが、移植の数日前には6mmだった内膜が、移植時の検査では8mmまで厚くなるというケースもございました。

また、全体的な体調もおうかがいし、全身的に循環をよくする施術も同時に行っております。体外受精に鍼灸を併用しようとお考えの方はいつでも成鍼堂にご相談ください。

関連記事


成鍼堂について

特長、施術の流れ、院長紹介など

成鍼堂の鍼灸

日本式のソフトな刺激法で、全体をととのえる治療を心がけております。院内の様子や、実際に使う鍼やお灸についてもこちらから。

詳細を見る »

はじめての方へ

はじめての方向けに、施術の流れを漫画でご紹介しています。ぜひご一読ください。

詳細を見る »

院長紹介

鍼灸師、新日本医師協会鍼灸部会学術部長、日本伝統鍼灸学会評議員。著書に『江戸の快眠法』(晶文社)等。

詳細を見る »

成鍼堂お灸部

お灸を使ったセルフケアのサポートをしております。LINEでのツボ相談や、部員の皆さまに月に1回お灸を差し上げています。

詳細を見る »

鍼灸施術料金

初回:7,560円

2回目から:5,400円

完全予約制

受付時間:10時~18時30分

(月曜は18時まで)

定休日:木曜日・日曜日

診療時間カレンダー

アクセス

鍼灸院住所:東京都練馬区豊玉北5-3-2

最寄り駅:練馬駅(西武池袋線・大江戸線)

SNS

成鍼堂のSNSをぜひフォローしてください。

LINEからのご予約も可能です。